トリキュラーとマーベロンを比較してみた。

 

妊娠を望まない女性や、
生理のトラブルを改善したいという女性に
多く使用されている“低用量ピル”。

 

メジャーなものと言えば
“トリキュラー”や“マーベロン”ですが、
この2つは何が違うのでしょう?

 

違いを比較してみました!

 

 

トリキュラーとマーベロンの比較

 

トリキュラーの特徴

 

トリキュラーは低用量ピルの中でも
“第2世代3相性ピル”に分類されます。

 

3相性ピルは赤、白、黄の3つに
錠剤の色が分かれているのが特徴です。

 

それぞれ含まれているホルモン量が違っており、
ホルモンバランスの周期に合わせて飲み分けます。

 

錠剤を21日間飲み、
そのあと7日間何も飲まない休薬期間をとる
“トリキュラー21”と、
錠剤を21日間飲み、
そのあと7日間、偽薬(薬の成分が入っていない錠剤)を飲む
“トリキュラー28”があります。

 

トリキュラー28の場合は、
3色の21錠の錠剤の他に白のやや大きめの錠剤が7個つきます。

 

副作用が比較的少なく、
生理不順の改善にも効果的
です。

 

 

マーベロンの特徴

 

マーベロンは
“第3世代1相性ピル”に分類されます。

 

全て同じ白色の錠剤で、
含まれているホルモン量も同じです。

 

マーベロンにもトリキュラーと同じように、
21日間の服用と7日間の休薬期間がある“マーベロン21”と、
21日間の服用と7日間の偽薬期間がある“マーベルン28”があります。

 

マーベロン28の場合は、
偽薬として緑の錠剤が7個つきます。

 

トリキュラーより副作用が起きやいという特徴がありますが、
男性ホルモンを抑える力は他のピルより強く、
肌荒れやニキビの改善にも効果的です。

 

消退出血(生理)が2〜3日で終わるのも特徴の一つ。

 

 

トリキュラーとマーベロンの比較まとめ

 

  • トリキュラーはホルモンバランスに合わせて違う錠剤を服用、

    マーベロンはホルモンバランス関係なく同じ錠剤を服用

  • トリキュラーは副作用が少ない、マーベロンはやや起きやすい

 

どちらも避妊効果は同等で、
服用している間はほぼ完全な避妊が期待できます。

 

ただ、副作用のことを考えると、
初めてピルを飲む人にはやはり
トリキュラーが服用しやすいのではないでしょうか。

 

>>トリキュラー 通販はこちら