やばっ!トリキュラーを飲み忘れた時の対処法

 

低用量ピルである“トリキュラー”、
現在服用中という人も多くいると思います。

 

トリキュラーはある程度の期間
継続して飲む薬です。

 

ですが、忙しい日や出かけている日など…
「うっかり飲むのを忘れてしまった!」
なんてことが起こる可能性もあり得ますよね。

 

そんなとき効果はどうなるのか、
どうしたらいいのか、

 

冷静に判断できるよう、
しっかりと対処法を確認しておきましょう!

 

 

トリキュラーを飲み忘れた時の対処法

 

飲み忘れた時間が12〜24時間以内の場合

 

飲み忘れに気づいた時間が
飲むはずだった時間から12〜24時間以内だった場合、
つまり翌日に飲む時間までに気づいた場合は、
気づいた時点ですぐに服用しましょう。

 

次の服用はいつも通りの時間でOKです。

 

飲み忘れた時間が12〜24時間以内であれば、
効果に影響はないとされています。

 

念のため、
しばらくは他の方法でも避妊をしておくといいでしょう。

 

特にトリキュラー21では
休薬期間として何も飲まない期間があるため、
そのあとに飲み忘れるケースが多いです。

 

カレンダーなどにチェックを入れておくなどして
飲み忘れを防止しましょう。

 

 

飲み忘れた時間が24時間以上の場合

 

飲み忘れに気づいたのが
飲むはずだった時間から24時間以上過ぎてしまった場合、
残念ながら避妊効果は期待できなくなってしまいます。

 

飛ばし飲みをしてしまったときも同様です。

 

一旦トリキュラーの服用を中止し、
次の生理(消退出血)が来た時に服用を再開します。

 

トリキュラーを中断している期間ももちろん避妊効果はないため、
他の避妊方法を取り入れる必要があります。

 

 

偽薬の飲み忘れは効果に影響する…?

 

トリキュラー28では7日間、
偽薬を服用して休薬期間をとります。

 

偽薬は飲み忘れを防止するために作られたもので、
避妊効果のある成分は入っていません。

 

言ってみれば飲んでもなまなくてもいい錠剤なのです。

 

ですから飲み忘れても、
21日間の継続した服用と7日間という休薬期間さえ守れば、
避妊効果がなくなることはありませんから安心してくださいね。

 

>>トリキュラー 通販へもどる