トリキュラーの避妊効果はどれくらいなの?

 

ピルの中でも特にメジャーなのが
低用量ピルである“トリキュラー”です。

 

使っている人が多く安心感はありますが、
一体どのくらいの効果があるのでしょう?

 

トリキュラーの効果について調べ、まとめてみました!

 

 

トリキュラーの効果はどれくらい?

 

トリキュラーには
“エストロゲン(卵胞ホルモン)”と
“プロゲステロン(黄体ホルモン)”
という2つの女性ホルモンが含まれています。

 

この2つのホルモンを摂取すると、
体内では排卵が抑制された状態となります。

 

つまり妊娠できない状態となるのです。

 

従って、トリキュラーを服用すれば
ほぼ完全な避妊効果が期待できると言えます。

 

 

トリキュラーのここに注意!

 

“ほぼ完全に避妊ができる”と言っても、
飲み方が間違っていると
その効果はほとんどなくなってしまいます。

 

トリキュラーの効果を正しく発揮させるためには
“飲み方”が重要。

 

  • 生理が来た日に飲み始める
  • 21日間、継続して飲み続ける

 

この2つは必ず守りましょう。

 

 

いつから効果があるの?

 

トリキュラーの効果は
飲み始めたその日から発揮されます。

 

つまり
生理1日目から効果は出ているということになります。

 

途中休薬期間として
トリキュラーを飲まない期間がありますが、
21日間忘れず飲み続けていれば
その飲まない期間も効果は持続されます。

 

ただし、飲み始めが生理1日目より遅れた場合、
飲み始めた日から7日経った頃からでないと
効果は発揮されないので注意が必要です。

 

トリキュラーで不妊症にならない…?

 

効果が継続して不妊症になってしまわないかと
心配する人もいるかもしれませんが、

 

トリキュラーで不妊症になることはほぼありません。

 

約90%の女性が、
服用を止めてから3ヶ月以内に排卵が再開しています。

 

将来妊娠を望むという人も、
安心して服用できる薬と言えます。

 

>>トリキュラー 通販へもどる